黒いドレスの行方とアンナの行方…【千年戦争アイギス】

皆さん、こんばんは。

見習い王子です。

さて、今回はアイギスのお話です。

世界樹の花嫁後半が始まりましたが攻略進んでいますか?

私は神級ミッション「妖精郷防衛戦」までクリア!

花びらが25個落ちますし、技強化の聖霊も出ますので周回はここで決まりですね。

そして最後のミッション「黒きドレスの行方」に挑む!

『ジューンブライド』にと用意されたもう一着のドレス。
王子の隣は譲らぬと、乙女達は奮闘する。

…だから言ったやん(;’∀’)

喧嘩になるって!

アンナ様も包丁研いでたし!!

恐ろし恐ろし…

イベントストーリー

黒のカラードレスを求めて女性陣が集まっているようです。

テミスさんが黒いドレスかぁ…

なんだかエロくなりそうですね(*´ω`*)

シェリーさんも負けじとドレスは私のものだ!と主張します。

「王子の隣を歩く権利」というのはやはり結婚の儀である事を皆知っている感じでしょうか?

一番怖そうなアンナ様が登場!

・・・あれ?

意外にもあまりドレスには興味ないようですね。

すると本当にドレスに興味の無さそうなメルヴィナさんが事態の説明をしてくれます。

ありがたや。




ジューンブライド用のドレスがもう1着用意されていて、誰がそのドレスに相応しいかを実力で決めようという話になった様子…。

なんで実力なの!?

世紀末なの!?

おいおまえ!おれの名をいってみろ!ジャギ

そしてクリッサさんが久々に登場!

作者(inoshishi氏)もめっちゃ喜んでるし!(*´ω`*)

実力的にはかなり高水準ですからドレス勝ち取れるかもしれませんね!

フェルミさんは…王子の隣を歩きたいというよりドレス着て歌いたいだけみたいです…(;´・ω・)

王子にメロメロの堕姫さんももちろん登場!




・・・あれ?

メルヴィナさんが変な薬をキめたようです(;゚Д゚)

魔剣を操るのでたまに洗脳されてしまいます…。

まともなアンナ様、道理を貫きます。

すると…

あんた人間ちゃうやん!

デーモンやん!!

のラクシャーサ様がご降臨。

しかしさすがはラクシャーサ様。

事態を収拾しようと提案を出します。

・・・え?

王子と戦って勝利した者?

王子、完全に巻き込まれてる(;゚Д゚)

ってバシラさんもおったんかい!

かわいいのぅ(*´ω`*)

とラクシャーサ様の提案をアンナ様も承諾しちゃう始末。

いや、神級だし、皆本気だし、王子死んじゃうよ!?(;’∀’)

もはや王子は私の物、負ければそれまでの男だし、勝てば私がドレスを着ればいいだけのこと。

とでも考えているのでしょうか!?

怖い怖い…。



~ 無常にも戦闘開始 ~

まず登場したのはエレットさんエーテルさん。

私は俺嫁のアリアさんを配置。

すると・・・!

え~!?

エーテルさん増量!

何人いるの!?

こういう時は各ユニット1体ずつ出てくるものじゃないですか!?

と大混乱のいくさを乗り越え・・・

まだ余裕のありそうなリリアさん。

女性たちは剣を光らせて王子を睨みつけます…(;´・ω・)ヤバイ、ヤられる

するとそこに黒幕ファルネさんが登場!




あれ…?

よく見ると衣装が…

シプリアさんが真っ先に衣装の異変に気付きました。

ってシプリアさんも居たんですねw

今回、いろいろと裏で動いてくれているトトノさんも登場。

セラさんも真相の説明を求めます。

セラさんも居たんですね…(;’∀’)

どうもこうも、もともと黒いドレスはファルネさん用に仕立てたもので、ジューンブライドを行うのにお色直しをすることが推奨されているからだ。

と説明します。

現代の結婚式では当たり前な事ですが、アイギスの世界では「結婚式」という風習はそこまで広がっていないようです。

それを聞いて皆さん、意気消沈。

シェリーさんも戦闘スタイル(覚醒絵)から通常絵に戻っています。

ラクシャーサ様は…変わらずですね。




しかしおめでとうというのはドレスの事?

それとも王子との結婚を認めたってこと?(*’ω’*)

せっかく集めた花びらをまき散らすという鬼娘エレットさん。

今、全王子が血眼になって集めているというのに!

あなたってコわ!

…(*‘∀‘)

やばい、この台詞はキュンときますね。

ファルネさん超かわいい。

なんていうか…おめでとう!

お似合いだよ二人とも!

運営さん、ジューンブライドキャンペーンの最終でイベントの様子をアニメ動画作ってくれませんかね。

映像で観たいです(*´ω`*)

…あれ

そういえば…

アンナ様はどこに…?(震え声)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事も読まれています