LitGearその2 次のターゲットはビキニ姿のネネさん

皆さん、こんばんは。

見習い王子です。

ターミネーター世界観をモロパクりしたDMM GAMES期待の新作ゲームLitGear!

シュワちゃんリスペクト?ターミネーター世界観モロパクリな新作リリース【LitGear】
皆さん、こんにちは。 見習い王子です。 DMM GAMESより新作ゲーム「LitGear」が正式サービスを開始しました!...

今回は先日の続きです。

フミナさんを失った主人公

瀕死状態のフミナさんを丸裸にしてヤることをヤった主人公でしたが、そのせいでフミナさんは活動を停止してしまいます。

状況が見えないまま、広場に戻ると…

スタイル抜群のネネさんが状況を説明してくれるみたいです。

世界の危機

大変分かりやすい説明をありがとうございますw

十数年前、この世界ではギア大戦と呼ばれるギアと人間との戦争があったようです。

ギア側のリーダー的なギアが海底に封印されて戦争は治まったようですが、どうやらその封印が解かれ、ギアの大ボスが蘇り世界中を乱れさせているということらしい。

ギアの大ボス=彼女を再封印しないとまた大きな戦争が始まってしまう。

再度封印をするには主人公の力が必要なんだとか・・・!

選択肢から主人公は自身の力について自覚は無いようです。



対ギア組織「パルトネル」

フミナさんとネネさんが所属している美女軍団

じゃなくて組織はパルトネルというそう。

怪しい組織ではないというネネさん…。

余計に怪しい(;´・ω・)

そして主人公の選択肢が「…わかりました」一択という、ね。

「怪しすぎますネネさん、そんなビキニ姿で誘惑して何人の男を以下略」

という選択肢を追加するべきです。

簡単に信じる主人公、するとネネさんが本部から支援物資を受け取るといいます。

さすが近未来的!

なんと武器や装備が転送されてくるではないですか!

すると・・・

え?女の子?




これは選択肢がいるのかと問いたい。問い詰めたい。

上一択でいいんでないかと問いたい。

すると女の子が喋りだします。

名前はカンナ。

剣のギアなんだそうです。

ボクっ娘かぁ!

と、状況が進むなか、周りから声が聞こえます。

幻聴?

どうやら声は形見として主人公が持っていたフミナさんのペンダントから聞こえる…。

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン!!

ってフミナさんだー!Σ(・ω・ノ)ノ!

おかえりなさいませ(*´ω`*)

髪の毛がロックな色になっています。




事情を聞くと肉体はエネルギー切れで停止したけど、システムは別の場所に保存されていたからペンダントを介して映像を映し出し、この場にいるとのこと。

さすがギア・・・!

なんでもアリです(;’∀’)

となると、肉体を修理すればまたムフフなことができるワケですね(*´ω`*)ヒャッホーイ!

一旦、部屋に戻るとフミナさんがこれからの事について話したいといいます。

自室ですし襲いたいところですが今は映像のみのフミナさん。

手も足も出ません( ;∀;)

フミナさんはこれからの戦いの中、主人公はいろんなギアと出会い「所有者登録(ムフフ行為)」をお願いされることもあるだろうと話します。

・・・浮気OK宣告でました(;’∀’)

確かに所有者登録をしてギアのパワーを引き出すことは戦いには重要ですけども…。

そして敵の大ボス原初ギアはイニーツィオという名前だそうです。

読みにくい(;´・ω・)

私だけのマスターでいて欲しい…

でも私のワガママであなたを失いたくないから…

とフミナさん。

ええ娘や、ええ娘やでぇ( ;∀;)

ここも一択か!主人公!

いやぁ~ここは

「俺にはフミナだけだ」

とかあってもいいでしょう!?

そしてその後、流れ的に他のギアとムフフしてしまう主人公!

フミナさんに寄せる気持ちを裏切ってしまった事で精神が乱れて世界を逃避行!

…黙ります。はい。



という訳でチュートリアル終了

これがマイページ的なゲームトップ画面。

GPSのナビのような画面ですね。

黄色い点がクエストになっていて、どんどん攻略していくことになります。

やってみた感想

いまのところサクサク戦闘は進むのでバトルに対してストレスはありません。

ストーリーもどこかで見たような展開ですが、個人的には好きです。

そして重大なこととしては

なにはともあれネネさんがエロいということ。

フミナさんもかわいいけどネネさんのためにこのゲームやれそう。

ネネさんはまだ仲間にならないんでしょうか?

はよ!所有者登録をはよ!

【LitGear -リットギア- はこちらから無料でプレイ可能です】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事も読まれています