ソラカナ 紅ト天穹ノ彼方 最終話

皆さんおはようございます。

見習い王子です。

ソラカナのイベント「紅ト天穹ノ彼方」6です。

画像数多くて編集がしんどいですね(^-^;

もっとうまい方法はないものか・・・とは言え、このお話もこれが最終回!

早速いってみよう!


前回のあと、キャロラインを行かせるために異形化した美優と明未。

異世界へのゲートが開くまでの時間を稼ぐ。

キャロラインはゲートを目指し、エナジー反応の高いポイントへ向かうのであった。

161208-100

161201-310

161208-101

異形化した二人の手にかかればタナトスも敵ではないのですが、いかせん数が多い。

アルカ「まずい、いくらなんでも敵の数が多すぎるぞ!」

161208-102

異形化は精神侵食が激しく、耐久戦には向いていません・・・このままでは・・・!

161208-103

明未「さあ、どうかしらね・・・」

161208-104

明未「あの時と同じ・・・」

あの時の反応とはキャロラインがゲートを通って現われた時の反応。

161208-105

なんと!?ゲートが開いた!( ´ ▽ ` )

161208-106

美優「・・・どうやら、大丈夫だったみたいね」

キャロラインはゲートを通って元の世界に戻れた様子。

これで後顧の憂いもなくなったことだし、あとは・・・こいつらを全員、叩き潰すだけだわ 161208-107

って言うけど・・・分かってる?こっちはもうボロボロで、あっちは大群よ?

・・・まあ、やるしかないでしょ 161208-109 根性論?理論派ぶってるあなたが、珍しいわね 161208-110

明未さんは無理なことは無理というタイプですが、さすがにこの緊急事態では・・・

うるさい・・・行くわよ。覚悟は決めた? 161208-111

美優「誰に言ってるのよ」

もしかしたら最後を覚悟した言葉なのかもしれませんね・・・。

161208-112

(゚ロ゚;)ッ!?

161201-310

な!非戦闘員の梢さんを狙って・・・!(゚ロ゚;)

その覚悟って・・・当然、こんなやつら片っ端からぶっ飛ばすって覚悟よね? 161208-113

美優「え・・・?」

明未「この声・・・!」

邪魔よ!どきなさいっ! 161208-114

美優「キャロライン!」

どうして、あなたがここにいるのよ!帰ったはずじゃ・・・161208-115

そりゃ、帰りたいし、自分の大切なものが何だったのか思い出したいわよ 161208-116

キャロライン「でもね・・・それで今ある『大切なもの』に背中を向けたら、私は自分が許せなくなる!」

だから一緒に戦わせてよ。・・・仲間、でしょ? 161208-117

・・・ええ子や、この子、ええ子やで(´;ω;`)ブワッ

・・・この、バカ 161208-118

そんな嬉しいこと言われたら、怒れないじゃない 161208-119

私も明未さんにバカって言われたい。

ふふっ・・・さあ、いつまでもこんなやつらに手こずっていられないわ! 161208-120

美優「ええ!」

明未「言われるまでもないわよ!」

いくら出てこようが関係ない。私たちには敵はいないわ! 161208-121

っと、キャロラインも加わり敵の殲滅を続けます。

・・・

161208-122

これで最後! 161208-123

・・・

それで?せっかくの好機を逃した大バカは、どんな言い訳を聞かせてくれるつもりかしら? 161208-124

元に戻った明未さん。

大バカといいつつ、なんだか嬉しそうです。

161208-125

美優「・・・助けられたのは事実だけどね」

161208-126

161208-127

キャロライン「実際、今回は惜しいところまで行ったんだし、案外、次の機会だってすぐかもしれないでしょ?」

161208-128

美優「ちょっと、明未。そこまで言う?」

明未さんは素直じゃないんだからぁ(*´ω`*)

161208-129

161208-130

梢「とはいえ、もうこの辺りのエナジー濃度のピークは過ぎてしまいましたから・・・次の機会はいつになるか」

161208-131

161208-132

161208-133

明未「大気中のエナジー濃度が上がれば・・・いえ。『上がれば』いいんでしょう?」

美優「あ・・・そっか、なるほどね」

161208-134 161208-135

アルカ「お、おい!なにしてるんだ!そんな大量のエナジー・・・!」

・・・異形化の高エナジーでゲートが開く可能性があるならさっきの戦闘で開いてるのでは(゚ロ゚;)

というやぼな突っ込みはやめておこう。

161208-136

161208-137

161208-138

まったく出番のない主人公。

ここぞとばかりにキャロラインさんを押さえます。

きっといろんなところを触ったり揉んだりしているに違いありません!どさくさに紛れて!

キャロライン「離して・・・!二人を止めないと!」

161208-139

美優「あんたの傍じゃないと、キャロラインはこのエナジーの嵐に耐えられないだろうし」

だからさっきの戦闘で異形化のエナジー耐えてたやん

161208-140

161208-141

161208-142

キャロライン「明未・・・美優・・・」

161208-143

アルカ「よし!やったぞ!」

この展開の速さは凄い!

161208-144

美優「く、ぅ・・・どんな、もんよ・・・」

だってばよ!

161208-145

美優「謝ってもらうような事は、一つだってないわよ」

161208-146

アルカ「行けよ、キャロライン」

梢「短い間でしたが、ありがとうございました」

161208-147

161208-148

キャロライン「本当は、恩返ししたかったけど、そんな時間もないみたい」

いや、そんな。

私は最後に君の身体をパフパフしただけだよ。

本当に何もしてません。

161208-149 161208-150

キャロライン「え?でも、私が元の世界に戻ったら・・・」

アルカ「いくつもある世界の中で、また会える確立は、それこそゼロに近いのかもしれないけどさ」

161208-151

161208-152

キャロライン「っ、そうね。いつか、きっとまた会いましょう」

美優「うん、必ず」

明未「・・・ええ」

161208-153

161208-154

161208-155

   明未「そう・・・」

161208-156

アルカ「美優!明未!大丈夫か!?」

明未「平気よ・・・少し、疲れただけだから」

美優「あー、もう・・・動けない」

161208-157

アルカ「キャロラインのやつも、元の世界で『大切なもの』ってのを思い出せてればいいけど」

161208-158

161208-159

161208-160

おしまい♪

フォローする

おすすめ関連コンテンツ

コメント

  1. 匿名 より:

    敵わない
    「てきはいない」ではなく「かなわない」なのでは…?

    • 見習い王子 より:

      …(;’∀’)ほんとだ!
      ご指摘ありがとうございます、修正させて頂きます。