はじめての千年戦争アイギス

どうも、はじめまして『ケイク』と申します。

このブログの管理人『見習い王子』の友人です。

以前から『千年戦争アイギス』を薦められていて、とうとうやるハメになってしまった。

んで、やるからには「教えてやるから初心者講座を書け!」と脅されて現在執筆中という訳です。

前置きはこの辺にして、はじめていきましょうか。

150418-001

スタート画面です。

剣と盾が描かれたロゴと暗闇に光る魔法陣?

クリックして進むと・・・

150418-002

金髪ロングのイケメンなのかブサメンなのか分からない勇者と悪の軍団のイラストが表示され、ストーリー解説がはじまった。

うーんと、要するに

昔、魔物と人との間に長い戦争があった。

そこで女神が勇者に協力して、魔物を自らの身体に封印。

こうして魔物が消え、世界は平和になった。

勇者は国の王となり、人々の希望となった。




それから長い年月が経ったある日。

150418-003

突如として、封印された魔物が王国を襲撃する。

男は殺され、女は次々と犯される…

さらに魔物達は女神に封印されていた際に得た特殊能力で異種間交雑が可能に…

うっわ、魔物えげつねぇ。

150418-004

プロローグが終わると戦闘画面に。

王子というのは主人公の事か!つまり俺のことだな。

俺が王子ということは国王陛下というのは親父か・・・

親父は息子の俺に一度も姿を見せる事も無くお亡くなりになられてしまったようだ。

150418-005

銀髪のかわいこちゃん登場。

150418-006

かわいこちゃんはアンナというらしい。

親父の断末魔を俺に聞かせるために来てくれたようです。

150418-007

断末魔のワリにはかなりまともな事を言っていたようです。

さすが俺の親父!国を背負う王だね!

150418-008

お、どうやらアンナちゃんがこのゲームのチュートリアルをしてくれるようだ。

ユニットをクリックしたままマップの好きな所に置くんだね。

150418-009

おいおい、兵士を置けって言っておきながら「こいつじゃ心配、もっと強い人を配置して」だと!?

かわいい顔して結構腹黒だなアンナちゃん。

150418-010

紫色のモンスターが攻めてきた!

頼りない兵士では心配というアンナちゃんの為に、かわいこちゃんとさらに頼りない兵士を追加してみた。

150418-011

政務官なのに戦況把握が鋭いアンナちゃん。

数匹しか襲ってこないじゃないか!ストーリー解説の時の魔物の量とは思えないぞ!

150418-012

とか言っていたらドドっと群れで襲ってきた。

えげつないねぇ。

強そうなごっつい鎧を配置してみることにした。

150418-013

難なくクリア!初ステージだもんね。

まだはじめて間もないけど、展開が早くて、急いで誰か置かなきゃ!って感じがドキドキして面白い。

150418-014

・・・

国の王子である俺は、王城を魔物に襲われ、命からがら脱出。

途中魔物に襲われるが銀髪のかわいこちゃん『アンナ』に助けられ、砦へと逃れた。

・・・

展開早いな、もう着いたのか。

150418-015

な、なんだ・・・って・・・!?

親父の元・・・愛人・・・だと!?

くそ、あのエロ親父!こんな若いナイスボディの娘を我が物にしていたなんて!

魔物が襲ってこなくともこの事実を知っていれば俺が息の根を止めていたぞ!

150418-017

ごもっともな事を言う親父の愛人アンナ。

150418-016

愛した男の言葉を何度も俺に語りかけてきます。

俺はとりあえず言う事を聞いて、北にあるという『女神の神殿』へと向かう事にしました。

150418-018

このコの言いなりになっていて良いのだろうか…。

続く。